北海道から思う事思い出した事たれ流し中
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

見てないしっっ!!
中学高校と球技大会がありました。

高校の時の球技大会でバレーをコートのすぐ横で体育座りをして見てた時だと思う。

クラスの男子が横に来て立ちながら私に何か話しかけてきた。

「勝ってるか?」とか聞いてきたんだったかなぁ。

なので私は答える為に顔を上げた。

一応目を合わせたんだが。

その前にちょっと視線がさまよった。

こんな感じ。。。。
さまよう視線

すかさず

「お前見たべ!!」と叫ばれた。

いやいやいやいや見てないし。

視線は行ったけど中まで見えなかったし(何
そういう私も
甥っ子3号をザビエル君とか呼んだりしちゃってる私ですがかくいう私も小さい時は毛が薄かったらしい。

母から聞いた話。

生まれたばかりの時ポヤポヤしか頭に毛が無くて母は私をたいそう心配したらしい。

ポヤポヤの毛を大事に・・・

それは大事にしてきたのに・・・・


全部毛が抜けたんだとさ(−−


1歳前の事です。

母は本当に悩んだようです(笑

その後は順調に毛がはえて幼稚園の頃にはふっさふさになってました。

若い頃は毛の量が多くて薄い人が羨ましくなるくらいだったんだけど今はだんだん薄くなってきましたよ、てっぺんが(−−

薄い人を羨ましくなんて思うんじゃなかったナ

と今更後悔(−−
ラムネのくぼみ
子どもの頃ラムネのくぼみがどういう意味があって付いてるのか不思議だった。

友達とあ〜だこ〜だ考えた。

「これって何でこうなってるんだろうね?」

「わかんない、何でだろう?」

二人で出した結論は。





このくぼみは持つために指を置くとこだよ、きっと。





え、そうなんですか?

と思ったあなた、人の言葉を鵜呑みにしちゃ〜いけませんやね。

全然違ってましたよ(^^;

つか指を置いたけど飲みづらい事この上ない。

しばらくはそこを持って飲んでたけどね(−−

そのうちやめたけどね(−−;

だいぶ後になって分かったのですがこのくぼみは中のビー玉が飲む時飲み口の所にこないようにするためのくぼみです。

それを知った時のショーゲキ!!

何て頭が良いんだ!!って思ったもんです(お前に言われたくない

それまでビー玉が飲み口をふさがないようにソロ〜リソロ〜リと飲んでたからね〜(^^;

そして私は又一つ大人の階段を上りました(何て低い階段だ
T人君
高校ん時の同級生で授業中おにぎりを一緒に食べた仲(笑)なT人君。

去年のクラス会に来てました。

席が離れてたのでほとんど話はしなかったのですが一次会が終わってお店を出た時に話しかけてきた。

「ねーねー、俺の車でさドライブ行ったの覚えてる?」

「覚えてるよ〜^^」

「な?な?やっぱり行ったよな?」

なしたんですか?(・・


M子やコリンが「熊ねぇ覚えてるの?」ときたもんだ。

軽く説明してあげた。

「3人(私、M子、コリン)で札幌で集まった時どこ行く?ってなってT人君なら車持ってるから電話してみようってなったしょ。で旭山公園に行ったよ」

「こいつら全然覚えてないんだよ〜ひで〜よ><。」

「あの時T人君が『○時から彼女との約束があるんだよな・・・』ってポツリと言って『え!人の恋路邪魔するつもり無いし!そんなら早く言ってよ!』ってなったんだよ^^;」

「そこまでしてやったのに覚えてないなんて><。」とT人君。

かわいそうに(笑


そんな事あったあった。

高校卒業して間もなくの頃。

女3人で集まったはいいが誰も足を持ってなくて街で買い物もあきてどっかドライブでもしたいとなってダメモトで札幌に住んでるT人君に電話したんだよ。

そしたらT人君家に居たから今から出てこない?となって男一人女3人でドライブしたんだよ。

両手に花でいいね〜♪

でもなんだな・・・つまるところアッシー君だな

でもT人君のほうはこれからデートって時でおめかし(古っ)をしようかな?ってとこだったんだな。

断れなかったんだな(−−

ま、美女3人にお願いされたら断れないだろうな(自分で言うな

私はずっと覚えてたんだけどM子やコリンは全っ然覚えてなかった。

薄情なやつらだ(笑

久しぶりに会った時に懐かし話としてふったのに相手が何も覚えてないという何とも可哀そうなT人君。

でも笑っちゃう私がいるんだな。

私が1番薄情か(^^;
秋味(あきあじ
中学生の時だったと思う。

母にお使いを頼まれた。

何個か買うモノがあったかもしれない。

それともそのブツだけ買ってきてほしいと言われたかもしれない。

そこら辺はよく覚えてない。

・・・・・・

・・・・・・

そのブツとは「あきあじ


鯵(あじ)って魚は知ってるけど。

てか見た事は無かったけどそういう魚がいるって事は理解していた。

アキアジ(漢字に変換されませんでした)?

なんぞや?

鯵の仲間なのかなぁ?

今もそうですが子どもん時も何か疑問があっても(ま、いっか)で済ます適当なとこがあった。

もしかしたら母は何か説明をしてくれたかもしれない。

そこんとこ覚えてない。

ま、スーパーに行けば分かるだろう。

で、スーパーに行ったんだけど「アキアジ」なるブツが見当たらなかった。

・・・・・・・

・・・・・・・

覚えてるのはここまでで何を買ったんだか覚えてない。

でもこれがアキアジだろうって思うブツを適当に買ったような気がする。

今思えば店員さんに聞けば良かったんだよな〜(−−

で、母に説明してもらったのか何かで聞いたのかアキアジとは「秋味」と書いて鮭の事を指してると言う事が分かった。


「鮭(しゃけ)を買ってきて」って言ってくれたら分かったのに(−−;


「秋味」って北海道だけの呼び名だと思ったけど昔は。

ある時どっかのビールで「秋味」って名前のビールを出して全国区入りをはたしたんじゃないかな〜。

鮭だけを指してないと思う、この場合。


違ったらすみません(^^;
屋根落ち
階段から落ちた事がある私ですが屋根からも落ちた事あります(^^;

と言うか落ちそうになったが正しいかな。

二十歳頃まで住んでた家はこんな家でした。
200808300956000.jpg

2階の窓から簡単に屋根に乗れました。

屋根に上るのは中学生になる前にやめたと思うのですが、いや、上ってたかもしれない・・・

親には「屋根に上るんでないよ!」と言われてたけどたまに上った。

でも屋根から飛び降りた事はなかったなぁ。

この高さでも怖かったです。

冬には屋根の雪下ろしをします。

200808301015000.jpg

こんな風に雪がせり出してきたら危ない。

雪が多いので雪の重みで家がつぶれないようにとか、人がいる時に屋根の雪が落ちて怪我をしないようにとかの理由があります。

屋根の雪は新雪と違い暖かい日に少し融けては凍ってを繰り返し氷になってる部分もあるし圧雪で硬〜くなってたりします。

なので人に直撃したらただでは済まされません。



父はほとんど家の事をしない人だったので母が雪下ろしをしてました。

それが重労働なのは子どもでも分かってたので少しでも母が楽になればと思い1階部分の屋根の雪を下ろした事があります。

もちろん母には内緒。

スコップを持って2階の窓から出て少し下の方に行ってスコップを雪に刺す。

そしたらそこから雪が割れて屋根から落ちます。

上の方はスコップで押したりして下に落としました。

で、ある時。

一気に屋根の雪が落ちた事がありました。

私が乗ってる雪も、です。

もちろん雪と一緒に下に滑っていった。

すごいスピードに思えた(実際はどうだったか分かんないけど


このままじゃ危ない!!(><



で屋根のへりに咄嗟につかまった。

200809041949000.jpg

たったこれだけなんですけどね。

本人本当大変だったんですよ(−−;

あんなに腕が痛いとは思わなかったね〜。

今じゃ絶対体重が重くてつかまったとしても手が離れると思う・・・

つかつかむ事が出来ずただ落ちるだけのような気がする・・・・

手を離したらそんなに高さも無く。

腕がジンジンしたくらいで怪我はしませんでした。

台所の窓のあたりだったんですがその時は母は茶の間にいた。

台所にいたらどんなに怒られたかしれない(−−;

窓越しに目が合ったでしょうね〜(遠い眼


オチ無しです。。。
怖かった話
もっと夏真っ盛りな時に書けばいいものを(^^;

北海道はだいぶ涼しくなりました。

でもまだ残暑が厳しいとこもあるみたいなので。

私の体験談などを書いてみようかな。

たった1回だけですが怖い思いをした事があるのです。

私の文章力じゃどこまで怖く書けるか自信無いですけど。。。







私は結婚する前にある習いものをしてました。

それは毎週土曜日夕方6時から9時まである会館で行われてました。



怖いのがダメな人もいると思うので続きは隠すかな。
続きを読む >>
すいかのタネ その2
前にすいかのタネを足の裏にくっつけてると頭から芽が出てくるんだよと妹に大嘘をついたという記事を書きました。

『前記事』
 ↑読みたい人はクリック

私はけっこう正直に生きてきたつもりでいたのですが・・・・

大嘘つきまくり人生のようですよ・・・

大嘘つきのこんこんちきやろーとは私の事です。

この前札幌に行った時に妹3号が思い出しましたよ、私の大嘘を(−−;


3号「おねえちゃんさ、すいかのタネを足の裏にくっつけてたらホクロになるって言ってたよね」

私「えぇ〜〜?頭から芽が出るじゃなかったっけ??」

3号「ホクロになるとも言ってたよ、私2号おねえちゃんに確認したんだもの」


・・・・・・

その昔。。。。

妹2号が足の裏にすいかのタネをつけたまま茶の間で寝てたらしい。

それを見た私が「すいかのタネを足の裏に付けて寝たらホクロになるのに」と言ったらしい。

本人覚えてないので『らしい』連発です(−−

で、うちの姉妹には足の裏にスイカのタネを付けるのが流行ってたようだ(大嘘


そんでもって妹3号はそれを聞いて信じてしまった。

大人になってから2号に確認したそうです(−−;
 ↑大人になってからかいっっ

「お姉ちゃん足の裏にホクロある?」と(−−;;;;

あ〜!な〜んて罪作りな私なんでしょう!!(何かが違う


でも2号の足の裏にホクロはなかった。

それで薄々思ってたがやっぱり私が嘘をついてたと確信したらしい。。。

でも。でもでもでもっっ!!

2号の子、甥っ子1号の足の裏にホクロがあるとの事!!


な〜んだ、遺伝してたのね♪ d(≧▽≦*) (違うし
アフレコだかアテレコだか
とりあえず昼寝』の柿実さんにコメントしたらこんなレスをもらいました。

『漫画のセリフを声に出してよむのって恥ずかしいんだよね(*/▽/*)』
 ※引用は柿実さんに許可を取りました

おぉっっ!!そうだよね?そうだよね??

たまに声に出す私だけど。

動作もする事あるけれど。



でも妹3号は違ってた。。。。。

あれは妹3号が中学生くらいの時だったと思う・・・・

妹の部屋から友達と妹の声が聞こえてきたんだけど普段のおしゃべりとちょっと様子が違ってた。

でも何をやってるのか把握してなかったので私は何かの時に茶の間で声を出した。

そしたら。。。。

「あ〜〜ぁ、お姉ちゃんの声入っちゃったよ〜(ガチャン)やり直しィ」と。


?何何??私がいけないの!?


よくよく聞いてるとマンガの登場人物を二人で割り当ててセリフを読みラジカセで録音していた


ま〜た何やってんだか!!


と思ったが声に出す事はせず(−−

静かにしてても私がくしゃみをしたりしてまた録音を中止したり、自分達が間違えて録音を中止したり。

よく恥ずかしくないな〜って思ってたけど。

何がおもしろいんだろう?と思ったけど。

私のほうが上手なのに〜とも思ったけど(え

いつまで静か〜にしてないといけないんじゃ!!とも思ったけど(オィォィ



今回「ブログネタにしていい?」とメールしたら。

「アフレコだかアテレコだかっていうやつ?うわ〜封印したい過去の一つだわ>▽<」との返事。

やっぱり恥ずかしい過去だったのねw

妹3号よ、封印をひも解いてあげましたよ!おほほほ〜〜

あ、お礼はいいですからね♪(オィ

で、ちなみにアテレコではなくアフレコですから!


※アフレコ
 《「アフターレコーディング」の略》映画やテレビで、先に画面だけを撮影しておき、
 それに合わせて音声を録音すること。

・・・・・・

・・・・・・

アフレコとも違うべさ(−−



という記事を書いたんだけど・・・・

ちょっとの間そのまま公開してたんだけど・・・・

アテレコって言葉があったわ〜(−−;;

アフレコだけ調べて記事にしたらこの始末(汗


※アテレコ
 「アフレコ」を模して「あ(当)てる」と「レコーディング」から作った語。
 吹き替え

・・・・・・

・・・・・・

でもこれも3号のしてた事と違う?いまいち分かんないヮ・・・

又グダグダ記事になってしまった・・・・(滝汗
妹の憂鬱その2
雨降りはイヤだけど水たまりは好き〜♪

長靴をはいてたら水たまりなんてへっちゃら〜♪

ここに水たまり♪

あ!あそこにも水たまり♪

ジャブジャブジャブ♪

楽しい〜〜♪



あ、お姉ちゃんが呼んでる・・・・

キレイな水たまりがあるよ〜!!って呼んでる・・・

キレイな水たまり!?(お目々キラキラ☆

・・・・・・

・・・・・・


こ・・・・これは!!

・・・・・

・・・・・

水たまりに油が浮かんでるんだよ、お姉ちゃん。


え?キレイになるからここで長靴洗おうって!?

お姉ちゃんジャブジャブと長靴で入ってった・・・・

見た目はキラキラして虹みたいだけどキレイって意味違うんだよ〜お姉ちゃん・・・

そうやったって長靴がキラキラするわけじゃないんだよ〜〜

油まみれになるだけなんだよ〜(−−

でも『キレイ』の違いをどうやって説明しよう?

私まだちっちゃいし、うまく言えないよ〜

説明が面倒だから私も入っちゃえ・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

やっぱり私のお姉ちゃんって・・・・

バカ?


※私の記憶を基にしたフィクションです。
 妹がこう思ったかは裏付けをとってません
(つか覚えてないんじゃね?