北海道から思う事思い出した事たれ流し中
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 言い訳w | main | 映画「禁じられた遊び」 >>
『朝日の当たる家』
これは「The Animais」がアレンジしてヒットした曲。

視聴はここ

曲そのものじゃないけど雰囲気は味わえると思います。

この前ダーリンがBS見てた時流れました。

これがヒットしてたのは知ってるけど私とはちょっと年代がずれてて私より年上の人が懐かしさを感じるかもしれません。

ちょっと検索してみると50代に懐かしいとでてました。

ここから先は戦争に関して書かれてるので衝撃的な言葉が出てくるかもしれません。苦手な方はスルー(読まない)してください。
結局はCDの販売目的な番組だったみたいですが私は思わず胸がきゅんとなる。

涙が出そうになる。

何か思い出があるのかって言えば全然無いんですけどね。

その後ろの映像は「ベトナム戦争」


「ベトナム戦争」とは1960年初頭から1975年にかけて行われた戦争。

ベトナムが北と南に分かれて戦ったんですが後ろにはアメリカやソ連が控えてました。

う〜ん、ちょっと違うかな。私もはっきりと記憶してないので。。。

北と南に分断されたのかな、朝鮮半島のように。

すみません、勉強不足ですね。

詳しくはここ

長いですよ〜。戦争自体複雑でしたので。

結局南が負けました。(アメリカがついた方ですね)

どちらかと言うと南が有利だったように記憶してます。なんせアメリカがついたんですから。

わたしがまだ赤ちゃんとか子どもの頃の出来事です。

でもそれなりに耳に入ってました。泥沼化してけっこう話題になってたし、親がそういう事に興味あったのか関連の本が家にあったので読んでましたし(子どもの時です)

これは本当に悲惨な戦争でした。

って言えるのはこの戦争が報道に対して開かれていたので悲惨さを伝えれる写真や記事がたくさんあったから悲惨さを目にできたんですね。

私が見た本には黒焦げになった子供と思われる写真や色んな死体が載ってました。

はっきり言って子どもが見るような内容ではありませんでした。

だから隠すように本棚の隅にあったんでしょうね。

でも私は見つけてしまって読みました。

その記憶があるからちょっとずれてる年代の私でもこの戦争が頭に残ってるんでしょうね。

もう本の内容は覚えてないけど写真だけは頭にこびりついてますね。

その本を読む時は親に見つからないように(H本読んでる男の子のように?)読んでましたね。

子どもなりにこれは読んじゃいけないかもって思ったんでしょうね(覚えてませんが)

その後も色んな戦争がありましたが報道は規制され悲惨さが伝わりにくい。

なのでその後色んな戦争があったけど私の頭に鮮明に残ってるって戦争は無いですね。結局は平和ぼけな日本人の私です。




え〜・・・関連付けて色々書いたんですが消しました。

どうにもまとまらないw

ただ垂れ流し。何て言うのか・・・私はそんなに主義主張が無いんですね。

あ〜も思うしこ〜も思う。誰かがこ〜言うとそうかも〜って流れ、誰かがあ〜言うとそうかも〜って流れ。

そんなんだからこういう難しい事書こうとしてまとまるはずがないw

若い管理人さんがけっこう戦争や政治について書いたりするのでちょっと真似事しようか・・・と思ったのにこの体たらくw

あぁ、中途半端だわ。本当はもうちょっと突っ込んだ事書きたかったんだけどね。

検索してみると反対意見やら賛成意見やら(国歌や日の丸について)。。。

見てるだけで気後れしてしまう。

私が書こうとしてる事はこんな事なのか・・・って思うとどうにも書けない。

っていうかその前にまとまってもいないんですけどね。。。w



で。。。何が言いたいか。



う〜ん『朝日の当たる家』を聞いてきゅんとするのはメロディの切なさもあるんだろうけどその時代の背景も一緒に浮かんでくるからだろうかって事かな。

高度成長期、ベトナム戦争、反戦運動、何も知らずにいた子ども子どもしてた自分の記憶。

その時は(これ以上の便利さなんてあるんだろうか?)でした。

月に人類が行っちゃうし。

携帯さえ無い時代でしたが。

それがごっちゃまぜになって浮かんでくるのかな。


で、戦争と言えば私の中で強烈なのが映画『禁じられた遊び』
スポンサーサイト
子供の時のこととはいえ、
戦争に関する本、隠れて読むことなかったのに〜。
子供の頃、ウチでは寝る前に母親が本を読んでくれる習慣だったのですが、
その時原爆関連の本を読み聞かせられましたよ。
それで恐怖心を植え付けられて、
戦争は絶対にイヤ!って思うようになりましたもん。
ベトナム戦争については殆ど知らないのですが、
今でも枯葉剤の後遺症とかで苦しんでいる人もいるんですよね。
戦争をしてる国には、建前かもしれないけど
その国なりの主義主張があって戦ってるんだろうけど、
一般人を巻き込むな!というのが本音です。
うーん…でもよく知らないのにこんなこと書いていいのかな(小心者

ところで『朝日の当たる家』…知りません。ごめんなさいっ(汗
しき | 2006/05/10 4:55 PM
幼い頃は結構戦争もの観たり読んだりしてましたが、
だんだん重く感じるようになってきて避けるようになってしまいました。
いかんよなぁと思いながらも、いつの間にか自分の周辺のことだけで精一杯になってくるし、
向き合わなくても自分の日常は何事もなく過ぎていってしまうということに慣れて?しまうんですよね。
なんでみんな何もしなくて平気でいられるのかと不思議だったことや、憤ってた昔の自分をもう忘れかけてしまっています。
それでも映像を見たときの衝撃やなんかは覚えています。
音楽で言えば、中学生の頃かな?NHKでやっていた「映像の世紀」のテーマソング「パリは燃えているか」を聞いたり思い出したりすると、
その時見た映像や衝撃を思い出してズシッときます。
久々にちょっと考える機会になりました、感謝です(^^
モネ | 2006/05/10 6:00 PM
「親に隠れて・・・」って部分がすごく分かるような気がします。私も似たような感じでしたから。
なんで?って聞かれてもちょっと困るんだけど、でも、親には見つけられたくない!って気持ちですかね。
別にほんとに悪いことしてるわけじゃないんだけどねぇ?

結局「なんで(戦争が起きるの)?」と疑問を抱えたまま、大学で勉強する道を選らんでしまいましたよ。。。笑。

それにしても、音や画像と結びついた記憶って、なかなか頑固ですよね。
普段忘れてるのに、そのキッカケとなる音が画像を見ると一部も欠けることなくその記憶が鮮明に思い出されるんですよね。
23 | 2006/05/10 7:38 PM
『朝日の当たる家』…知ってます。中学校か高校の音楽の教科書に載ってました。
あとロック・ポップスの音楽番組で昨年、演奏している昔のフィルムを見ました。
でも反戦歌とは知らなかったです。

小学校低学年の頃、いつか戦争が始まったときのために防空壕を真剣に探していた時期があります。
学校で年に一度戦争映画を見る映画鑑賞会があって、「怖い」と同時に「悲しいものだ」と強く思いました。
つらすぎて私も本とか映画とかだんだん見られなくなっていたですが、最近マンガなどで改めて「こういうものだったんだ」と知らされることが多いです。
戦争がなくなればいいのに・・とほとんどの人が思っているはずのに、どこかで必ず争っているというのは悲しいですね。
柿実 | 2006/05/11 7:59 AM
しきさん

枯葉剤の後遺症・・・それも記事に書いたんですがどうにもまとまらず消しちゃいました(^^;
枯葉剤についてはTVで最後に観たのが相当前なんですよ。じゃ今はどうなってるのかってのがいまいち私のアンテナに入ってなくて書くのを断念。きっとそんなに変わらないんだろうけど適当に掛ける題材じゃないので。そのうち調べて書けたらいいなとは思ってるんですけど、そういう構想は他にも一杯あるのに書けてない状況です(汗
子供用のそういう本も読みましたよ。それでも充分ですよね〜、今考えると。でも読んじゃったもんは仕方ない(と開き直る 笑

「朝日の当たる家」知りませんか〜。年の差っていうやつですね?(爆


モネさん

あ〜、その気持ちすっごくわかります。
私も遠ざけた時期が長い間ありました。っていうかつい最近までそうだったかも(^^;
モネさんにとっては「パリは燃えているか」がフラッシュバックする曲なんですね。
考える機会を与えましたか?そう言ってもらってこちらこそ感謝です(^^
たま〜にいい事するんですね、私(笑


23さん

23さんに触発されましたよ♪
読んでから自分の文章にするまで時間かかりましたけど(笑
って全然言いたい事中途半端でちょっと消化不良気味です(汗
でも人目にさらすならわたしはこれが精一杯でした(><
23さんも親に隠れて読みましたか。あれって何でしょうね。本当に悪い事してるわけじゃないのにね〜。
勉強は大事ですよ。自分の幅を大きくしますし。あ、余計狭まる事もあるかな?(笑

音楽、画像、匂い・・・色々ありますね〜。自分の過去を思い出させてくれるから感謝したほうがいいんでしょうか?


柿実さん

あ、知ってましたか。あ〜、教科書に載ってたかも。でも習わなかった気がする。
あ!!勘違いさせましたね!反戦歌じゃないですよ。「娼婦」の歌とか「働けど働けど楽にならざりけり」的な歌って思います。私は歌詞に全然興味無いんで違うかもしれませんが(^^;
私もそうでしたよ。防空壕とか核シェルターとかどうして作らないの?死んじゃうよ!って(^^;
あぁ本当に無くならないですね、戦争。どうしてこうも愚かなんでしょうね。でもそれぞれの正義で戦ってる場合もあるので難しい問題です。
ただ1面しか見てないと誤解が生じるのでなかなかこういう事は書くの難しいです(^^;

熊ねぇ | 2006/05/11 11:14 AM
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK