北海道から思う事思い出した事たれ流し中
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「食堂」 | main | 電気チカチカ >>
ペット リマスター・エディション1〜5
 久しぶりの活字読みです^^;

マンガですがwww

色んなマンガを途中までしか読んでなくてそのうちどこまで読んだのかどんな内容だったのかを忘れる始末の私。

どれも最初っから読まないといけなくなってるわ〜(−−;

なので全巻揃ってるのを条件に妹から借りました。

1〜5巻一気読みです。

何十巻も無くて良かったよ(笑



主人公達は他人の記憶に入り込みその記憶を操る事が出来る。

そして記憶を壊す事で人を潰す(人格を壊す)事も出来る。

その能力ゆえに組織に組み込まれ汚い仕事をしていきます。

自由を得ようとすれば組織に追われる(=死)、そんな人達が主人公。


自由を得る為に組織から逃げる人。

自由を得る為に組織にどんどん食い込んでいく人。

目指す所は同じなのに行く道が違う為に敵になる。

ホノボノともカワイイとも縁遠い内容です^^;


入り組んでる人間関係が読み進めるうちにどんどんほどけていく。

だからこの人はこんなになってしまったのか。。。。

だからこの人はこういう行動に出るのか。。。。

緻密に計算された自由への道。

でも人の感情が入り込み計算通りにはいきません。

どうしてこうも傷つけあわないといけないのか。

切なく悲しい自由への道。


最後のほうで1か所泣けるとこがありました。

親が望んだから生まれてくる。

これが子どもにとって1番大事なんだと、当たり前だけどそういうとこに行きつきました。

と、私はこんな感想を持ったんですが。

他の人とは違う目線かもしれません^^;;

希望を持てるような持てないような終わり方で続編が出るんじゃなかろうか?と思うのですが。

続編がもし出るなら。。。。

どうかペットと呼ばれるこの子達が幸せになりますように。

そう願わずにはいられません。

スポンサーサイト
私自身が冒頭の親の立場に近く
最初は読んでいて辛いだけでしたが
最後あたりまで行くと
また次元のちがう話だと割り切ることができました。
子供が親を求める、頼れる人を見つける、
親としてみるとこんなに子供は求めているものなのだなと痛感させられました。
続編では是非信じられない技が生み出されて
みんなの意識が戻り
誤解が解かれていけばいいと思います。
どうでもいいことですが
一人、どうしてもマー君(楽天)に見えます(^^;
わかわか | 2010/05/10 1:49 AM
わかわかさん

ああいう時期私にもありましたよ〜><
ただあてつけは考えなかったけど子どもには絶対知られたくない感情いっぱいありました・・・・

子どもが求めている・・・・
小さいうちはこれが本当たくさんありますね。
わかわかさんくらい時が1番大変かも。
これからも大変だと思うけど・・・
がんばって!って言うのは簡単だけど言いません。
力を抜く時は抜いて自分にも優しさを与えて乗り越えてくださいね。

あ!
まだ死んでないんだっけ!?
もう死んじゃったかと思ってたw
誤解と言うか・・・
理性で物事を進めてると本人は思ってる(思いたい?)けど結局は感情で動いてた彼は本当悲劇ですね。
皆もですが彼を救えるか?ってのがカギになるのかなぁ。
でも彼のせいで全部がダメになる可能性も大きい。
つか組織から抜けるには結局血を見ないといけない感じがバリバリ漂ってて(今回もそうでした)一筋縄ではいかないでしょうね・・・
続編読みたいけど怖いな〜。
こう思う私は甘いんだろうか^^;

マー君・・・
私お気に入りのあの子かな?
言われたら似てるかも♪(^^
熊ねぇ | 2010/05/10 9:46 AM
COMMENT









Trackback URL
http://kumanee68513.jugem.jp/trackback/1185
TRACKBACK