北海道から思う事思い出した事たれ流し中
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 観れない映画 | main | 警告 >>
Y田君
高校2,3年で一緒のクラスだったY田君。

高3の時同じ市場の違うお店でバイトしてたY田君。

後輩の女の子はY田君を「とっつぁん」と呼んでた。

不精ひげはやしておじさんくさかったからね。

いくつの時のクラス会だったかなぁ。

まだ私は独身だったから20代前半だったんじゃないかな。

2次会まで出て3次会は行かないで帰るつもりだったんだけどY田君が酔っ払っててテンション高く「3次会一緒に行くべ行くべ!!♪」とすんごくうるさかったししつこかった。
『一緒に』って皆一緒だべさ!!

眠いから行きたくないし(−−

でもそのしつこさに負け全然乗り気じゃなかったけど仕方なく(ひどっ)これまた乗り気の無いM子を誘って3次会まで行く事にした。

Y田君は「両手に花じゃ〜〜♪♪」ってなもんでテンション上がりまくり。

全然離してくれない(−−;;

酔っ払いに敵無しだな(−−

3次会は居酒屋だった。

ほとんど男子ばっかりだった。

先に居酒屋にY田君が入ってった。

それを見届けて私はM子に目くばせをして(やっぱり行きたくな〜い)と無言のアピール。

最後に入るふりをしてこそっと皆から離れて二人で逃げました。。。。

許せY田よ(−−;


これだけだと悪いと思った私。

Y田君から「電話掛けてくれ♪」と独身寮の電話番号の書いた紙きれをもらってた。

この時もしつこくしつこつ「絶対掛けれよ!!」と言われた(−−

一応謝罪の電話でもしておくか、と電話掛けたけど。

2回掛けて2回とも話し中。

お・ま・え・〜〜っ!!もうぜって〜掛けね〜!

って事があったな
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanee68513.jugem.jp/trackback/1025
TRACKBACK